<< <阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞) | main | 首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」(医療介護CBニュース)

 大阪府立急性期・総合医療センターの荻原俊男院長は4月21日、ノバルティスファーマのメディアセミナーで講演し、複数あるアンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)とカルシウム(Ca)拮抗薬の配合剤の選択について、「配合剤同士で効果の差は大きくない。薬価の差がファクターになるのではないか」と述べ、患者の経済負担を考慮するポイントとした。

 また、高血圧症治療の現状として、降圧目標を達成するために多くの高血圧症患者が複数の薬剤を必要としていると指摘。その上で、配合剤には▽効果の持続・増強▽アドヒアランス(服薬継続)の向上▽利便性の向上▽医療制度における経費削減や患者側の負担削減▽副作用の低減―などの利点があり、併用投与よりも有利だとした。

 現在、ARBとCa拮抗薬の配合剤としては、このほど発売されたノバルティスファーマのエックスフォージ(ディオバン/アムロジピン、薬価=130.1円)、第一三共のレザルタス(オルメテック/カルブロック、低用量91.0円、高用量170.1円)がある。また、武田薬品工業は16日付でユニシア(ブロプレス/アムロジピン)の承認を取得した。


【関連記事】
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
緑内障・高眼圧症領域に配合剤が相次ぎ登場
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
【中医協】医療機器86件の新規保険適用などを了承

一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
【集う】日本財団 春の交流会(産経新聞)
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討(産経新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
竹島の不法占拠問題で「交渉経緯を報告せよ」 宗男氏が異例の指示(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
探偵事務所
情報起業
無料携帯ホームページ
競馬情報
債務整理・自己破産
2ショットチャット
情報商材レビュー
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    とろろいも (01/17)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    オリンキー (01/03)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    ばきゅら (12/08)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    俊之 (12/04)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    れもんサワー (11/21)
  • <殺人>17歳の少年、父親殺害か 大阪・鶴見区(毎日新聞)
    ぱたぱた (11/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM